平成17年度行政書士試験の正解とワンポイント解説

平成17年度行政書士試験の正解とワンポイント解説

問題は下記のホームページ等が公表しています。
  例 http://www.houmu.jp/shiken.htm

問題番号 正解 分野 難易度 ワンポイント解説
問題1 2 基礎法学 難 オが間違いはわかるが,イは「大審院」の部分が間違いである。
問題2 2 基礎法学 易 情報と法に関する出題は新試験を想定か。
問題3 1 憲法 普通 条文問題だが,新手法の出題形式
問題4 4 憲法 難 判決文そのものを読む習慣のないものには難しかったでしょう。判例論理にもなれる必要あり。
問題5 5 憲法 普通 国会法の規定と憲法の規定を混合して作成
問題6 5 憲法 易 身分保障に関する憲法の条文問題
問題7 4 憲法 易 国会議員に資格と公職選挙法に関する条文問題
問題8 4 行政法 易 国家行政組織法に関する条文問題
問題9 2 行政法 普通 行政指導は頻出問題
問題10 2 行政法 普通 行政手続法の申請に関する問題
問題11 4 行政法 普通 行政手続法の聴聞手続に関する頻出問題
問題12 3 行政法 易 行政代執行法に関する出題で条文知識で解ける
問題13 3 行政法 普通 国家賠償法の問題。内容的には大したことがないが,問題文が長い
問題14 4 行政法 易 行政不服審査法の問題。外国人の出入国処分との組み合わせで考える
問題15 4 行政法 難 行政不服審査法。分かりづらい学者の文章
問題16 5 行政法 難 私の予想が的中です。行政事件訴訟法の改正を聞いてきました。まとめを見ていたものには容易。
問題17 5 地方自治法 普通 地方自治法の条文の基本的知識で解ける。
問題18 3 地方自治法 普通 監査制度は繰り返し出題されている
問題19 2 地方自治法 難 公の施設の問題ででやや細かすぎる
問題20 5 行政書士法 易 税法の問題でもあるが解答自体は容易
問題21 2 税法 普通 所得税法の基礎知識であるが,捨て問にしている者が多いであろう
問題22 2 行政書士法 普通 実務家には容易だが,受験生にはやや細かい
問題23 1 行政書士法 普通 行政書士法人についての正面から聞いてくる問題
問題24 2 民法 普通 頻出の制限行為能力問題。条文知識で解ける。
問題25 4 民法 難 判例理論の復帰的物権変動による解答
問題26 1 民法 易 動産物権の即時取得の要件論で簡単に解ける
問題27 4 民法 難 債権者代位権に関する判例理論による解答
問題28 5 民法 易 定期贈与に関する民法552条の問題。条文知識
問題29 5 民法 普通 遺留分減殺政権の行使の効果についての有名な判例知識で解く
問題30 3 戸籍法 普通 戸籍法の条文知識で解ける
問題31 4 住民基本台帳法 普通 住民基本台帳法の条文知識で解ける
問題32 3 商法 普通 明らかな間違いがあるので解答自体は容易
問題33 5 商法 普通 これも,法の規定が優先するので解答自体は容易
問題34 3 商法 普通 商行為に関する543条の定義規定で解ける
問題35 4 労働法 普通 労働組合法17条の労働協約の一般的拘束力に関する条文問題で正確な条文知識が必要
問題36 記述 憲法 易 二重の基準  明白かつ現在の危険
問題37 記述 行政法 難 行政審判   実質的証拠
問題38 記述 行政法 難 職権探知主義  釈明処分
問題39 記述 地方自治法 普通 役割分担  自治事務
問題40 記述 民法 易 要物  附従性
問題41 2 国語 普通 社会人にとって,標準的国語の書取問題
問題42 2 国語 普通 ちょっと迷うものが多いカタカナ語
問題43 2 国語 易 まさに一般常識問題
問題44 5 文章理解 易 文章が長いだけで内容は易しい
問題45 5 文章理解 普通 論説文の読解はやや苦手な人が多い
問題46 3 文章理解 普通 公文書公開についての論旨ははっきりしている
問題47 5 国際政治 普通 重要な歴史的核実験などは知っている人が多いであろう
問題48 4 政治 易 議院内閣制は政治の重要制度で解答は容易
問題49 1 政治・経済 易 財政法の公債規定の重要条文知識
問題50 4 経済 難 没問題か。中央銀行の役割の問題文が曖昧
問題51 1 財政 普通 国民の公的負担に関する知識が必要
問題52 3 会計 難 企業会計問題でやや専門的
問題53 5 社会 普通 次世代育成支援対策推進法は要注意
問題54 1 環境 易 頻出の地球環境問題だが,解答自体は容易
問題55 2 個人情報保護法 普通 今後毎年出題が予想される個人情報保護法であり,現在,法の見直しが進行中
問題56 5 通信 普通 近時成立の重要法令で今後は毎年マーク必要
問題57 3 通信 易 インターネットの基礎知識で解ける
問題58 4 地学 普通 乗数計算が分かるものには容易な地震問題
問題59 3 数学 難 不等式の問題で苦手なものにはかなり難しい
問題60 4 数学 普通 ケアレスミスを誘う面積問題


※総括…このスタイルでは今年が最後である。国語の3問と理数3問を除けば教養は16問になる。商法は増問になろう。基礎法学もその可能性有り。行政法は易しいものから難しいものまで問われ,範囲も幅広く出されて行政法の出来が今後は合否に直結するであろう。
 また,特認組はますます違和感が増幅することはさけられず,今後の改正の焦点になるであろう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。