リスクマネジメントとリスクアセスメントの違い

■リスクマネジメントプロセスの中で、リスクの認識と評価の過程をリスクアセスメントといいます。

これは、リスクマップなどを作成して次のリスクマネジメントプロセスであるリスク対応における優先順位を決定するのにもとになる過程です。

ですからここでのリスクアセスメントがきちんとできないと肝心のリスク対応ができなくなります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。